哺乳瓶の消毒はいつまでする?|煮沸消毒/洗剤を使うのか/レンジ

ベビー・子育て

哺乳瓶の消毒はいつまでしないといけないの?

哺乳瓶の消毒はいつまでする?|煮沸消毒/洗剤を使うのか/レンジ

生まれたばかりの赤ちゃんは、お母さんにとってもどうお世話をしていいのか戸惑うことがあるものです。とくに哺乳瓶については扱うのも初めての方が多いでしょう。赤ちゃんはウイルスや細菌に対して抵抗力が低いため、哺乳瓶の消毒はとても大切なことだと言われています。また、哺乳瓶は複雑な形状をしていて、洗剤で手洗いするだけではいつまでも汚れをとりきることができないことがよくあります。

では、哺乳瓶を清潔に保つにはどうしたらよいのでしょうか。赤ちゃんが直接口にする哺乳瓶を消毒しても、赤ちゃんに影響はないのでしょうか。哺乳瓶の消毒はいつまでしないといけないのでしょうか。これらの疑問について、見ていきましょう。

2ヶ月

赤ちゃんはお母さんから免疫をもらって生まれてきますが、生後すぐ急激に減ってしまいます。また、病原菌に対する抵抗力も、病気にかかった時の回復力もとても弱いため、少しの細菌であっても大事に至ることがあります。

いつまで哺乳瓶を消毒した方がよいのかということでずか、まず2ヶ月目までの消毒はした方が良いでしょう。この時期、赤ちゃんはまさに免疫力が急激に下がった状態にあります。いつまでも消毒が必要なわけではありませんが、生後2ヶ月ではまだまだ続けた方が良いでしょぅ。

3ヶ月

生後3ヶ月では、赤ちゃんの首はそろそろすわりはじめます。しかし、もう3ヶ月だけどいつまで哺乳瓶の消毒は必要なのだろうと焦ってはいけません。この頃から、ようやく赤ちゃんは最も免疫の低かった時期を通り過ぎようとしています。この状態はいつまでも続くものではなくそろそろ免疫力が向上しはじめてきますが、まだまだ安心できる時期ではありません。

もう3ヶ月になったけれど、いつまで消毒を続けた方がよいかというと、少なくとも今はまだやめてよい時期とは言えません。

4ヶ月

生後4ヶ月のころの赤ちゃんは、首もしっかりとしてきて音がする方に反応したり、じーっといつまでも親の方を見ていたりすることもあります。生後直後に比べると、だいぶ大きくなってきたことでしょう。しかし、免疫力という面でみるとまだまだ発達途上にあります。

そろそろ4ヶ月だから哺乳瓶の消毒はやめてもよいかというと、今はまだようやく赤ちゃんの免疫力が向上しはじめてきた時期であり油断大敵です。まだまだ、赤ちゃんは雑菌に弱い状態にありますので口にするもの、身の回りのものに気をつけてあげる必要があるでしょう。 とくにこの頃には手に持ったものを口に持っていって舐めてしまうことが増えます。哺乳瓶以外も、赤ちゃんが手に取るようなものは消毒してしまいましょう。

乳幼児でもいつまで消毒が必要?

哺乳瓶の消毒はいつまでする?|煮沸消毒/洗剤を使うのか/レンジ

生後6か月頃になると、おもちゃや身の回りの物など哺乳瓶以外のものもたくさん口に入れるようになります。いつまで哺乳瓶を消毒した方が良いのかという問題ですが、このころにはやめても良いと言われています。

赤ちゃんは目につくものをなんでもかんでも口にしようとしてしまいますが、いつまでもすべてを消毒するのは無理でしょう。哺乳瓶だけを清潔に保ってもあまり意味がないため、消毒をやめても構わないということなのです。 しかし、1歳になったとしても赤ちゃんの免疫力はまだ大人の半分程度しかありません。感染症の多い梅雨時や食中毒を起こしやすい夏場や、赤ちゃんの体調がすぐれないときなどは、哺乳瓶を消毒してあげましょう。 弱っているときには、普段なら問題にならないようなことでも悪化してしまうことがあるので気をつけましょう。

そもそもどうして哺乳瓶の消毒が必要なの?

哺乳瓶の消毒はいつまでする?|煮沸消毒/洗剤を使うのか/レンジ

ミルクに原因が

赤ちゃんが口にするミルク、赤ちゃんのために作られたミルクは、赤ちゃんが無事に成長できるように栄養価が優れています。ということは、細菌などにとっても栄養が多く繁殖しやすい状況なのだと言えるでしょう。哺乳瓶の乳首部分はとくにミルクのかすなどがたまりやすく、完全に乾かすことも難しいため気づかないうちに細菌などが繁殖している可能性があります。

いつまでも消毒が必要な訳ではありませんが、だいたい生後半年程度まで、赤ちゃんが下痢をしたりしないで元気なようならそのくらいの時期でやめてもよいと言われています。

哺乳瓶の消毒方法

哺乳瓶の消毒方法は、主に煮沸・つけ置き(薬液)・電子レンジの3つのやり方があります。哺乳瓶の消毒はいつまでも続けるようなものではありませんが、それでも半年程度は続けることになります。それぞれのメリット・デメリットを考えて、一番自分自身に合った方法を選びましょう。

煮沸消毒

哺乳瓶の消毒はいつまでする?|煮沸消毒/洗剤を使うのか/レンジ

煮沸は消毒のたびにお湯を沸かすので時間と手間はかかりますが、お湯で煮沸するだけなのでいつまで消毒するにしても経済的です。また、お鍋さえあればできるので簡単です。

煮沸消毒の方法

1.哺乳瓶、乳首を洗う 細かいところまでしっかり洗いましょう。専用ブラシを使うと、簡単に汚れを落とせます。

2.鍋でお湯を沸かす 哺乳瓶、乳首を入れ、両方が隠れるくらいたっぷり水を入れます。 3.沸騰させる 沸騰状態をキープします。 4.お湯の中に乳首を入れてから3分後、取り出す 劣化しやすい乳首を先に取り出します。その際は、やけどに気を付けましょう。トングを使うと便利です。 5.7分後(合計10分)に哺乳瓶を取り出す ガラス製の哺乳瓶の場合です。樹脂製の哺乳瓶の場合は、説明書に従い煮沸してください。 6.ふきんやキッチンペーパーの上で自然乾燥 乾いたら蓋付きの保管容器に入れて、保管しましょう。

いつまで煮沸すればいいの?

いつまで煮沸するのかというと、合計で10分となります。赤ちゃんのお世話などでお鍋から目を離さないよう注意しましょう。乳首を取り出した後はタイマーをセットして離れることもできますので、いつまでも終わるまでそばについている必要はありません。

メリットとデメリット

■煮沸消毒のメリット 特に必要なものを買い揃える必要があまりなく、経済的です。哺乳瓶の消毒はいつまでも必要なものでもありませんので、今あるものですませてしまおうという方にオススメです。

■デメリット 時間と手間がかかり、忙しいときは大変です。タイマーがあればいつまでも傍にいる必要はないでしょうが、タイマーなどがない場合には不便でもあります。熱湯を扱うために火傷にも十分注意が必要です。また、乳首が熱に弱いので劣化が早まることもあります。

哺乳瓶の煮沸消毒はいつまで?

哺乳瓶の消毒はいつまでする?|煮沸消毒/洗剤を使うのか/レンジ

煮沸消毒の場合、哺乳瓶をいつまで消毒するかですが、基本的に生後6ヶ月くらいまでで平気になるでしょう。しかし、哺乳瓶を使っている間は清潔に保った方がよいので、煮沸とまではいかなくても熱湯にくぐらせるなどをすると比較的清潔に保てるでしょう。

時間があれば煮沸した方が良いです。煮沸消毒の良いところは、特別何かがないといけないということはなく、鍋1つでもできるためにいつまでであろうといつであろうと、消毒したいと思ったときにできることでしょう。

哺乳瓶の洗浄に便利なアイテム

哺乳瓶をどのような方法で消毒するにしても、いつまでも毎回消毒する訳でもないため、普段のお手入れをきちんとする必要があります。消毒だけしっかりしていても、普段の洗浄が不十分でミルクの残りカスなどがあった場合、雑菌が繁殖してしまう可能性はないとは言い切れません。

赤ちゃんもいつまでも哺乳瓶を使うわけでもありませんので、お財布と手間を考えて選ぶ必要がありますが、こちらで紹介した商品はどれもそれほど高価ではないアイテムです。

リッチェル Richell スヌーピー ほ乳びんブラシ スポンジタイプ ミニブラシ付き

消毒する前や消毒した後に哺乳瓶を洗浄するときに使える専用ブラシで、ガラス製・プラスチック製哺乳瓶両用の哺乳瓶洗いブラシです。かわいいスヌーピー柄の小さなブラシ付で、哺乳瓶の細部までこれ1本でしっかり落とせます。汚れを落としにくい乳首部分も、ミニブラシがついているのでそちらを使って綺麗に洗浄することができます。

哺乳瓶はいつまでも使うようなものではありませんが、こちらの商品は赤ちゃんが少し大きくなっても赤ちゃん専用の洗浄アイテムとして使うことができるでしょう。
ビンプラスチック兼用なので購入しました。持ちやすいです、が、ガシガシ使っていたら5ヶ月でスポンジが破れてしまいました。でもまた買ってもいいかな。 出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2GXKI4V8U35... |

まめいた ビーンズライフ 置くだけたっち! 乳首洗い

『まめいた ビーンズライフ 置くだけたっち! 乳首洗い』は哺乳瓶の乳首部分を洗浄するための専用ブラシになります。乳首部分はいつまでも丈夫なことが多い哺乳瓶部分と比べて劣化が早いため、このような専用ブラシも売られています。いつまでも使うものでない哺乳瓶の専用アイテムではありますが、価格も高くはなく乳首にフィットした形になっているため洗いやすいという特徴があります。

哺乳瓶の口の部分を洗うのにぴったりです♪先っぽはスポンジではなく弾力あるゴム製です、下の部分がスポンジで洗剤の泡がゴム製の先端にも行きわたり綺麗に洗えます♪立って乾かせるのも衛生的で場所も取らず良いと思います。 出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RLEHD7M211TB... |

ピップベビー 哺乳びんハサミN

こちらは消毒した後の哺乳瓶を安全に取り出すためのハサミです。煮沸消毒・薬液消毒どちらの場合も使用でき、サビが発生しない抗菌剤入り樹脂を使用しているます。洗いやすいように取り外しも可能になっているため、清潔に保つことができます。

ミルトン付属品のトングではガラスの哺乳瓶は重くて持ち上げられなかったけど、こちらの商品は作りもしっかりしているし、使いやすいです。ストレスがなくなりました。カラーバリエーションがあればいいなぁ。 出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R32EVVAAX6EK... |

リッチェル Richell のせのせミルクボックス 目皿 スプーン立て ほ乳びん立て7個付

消毒した哺乳瓶を清潔に保管できるケースです。価格は2,000円以下ですし、画像では分かりにくいですが使い終わった哺乳瓶をしまっておけるほどの大容量です。赤ちゃんがいつまでも赤ちゃんでいないように、哺乳瓶もいつまでも使うものではありませんので、上に物が置ける上に収納にもできるこちらの商品もオススメです。

容量が大きいのにコンパクトで、上にものが置けてとても便利です。狭い台所では以前の全面押上る型のものの置き場に困っていました。哺乳瓶たて用の突起も不要な時は外して置けて便利です。基本食器乾燥機で乾かしたものを収納しています。 出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1HQQNNZPSBI... |

電子レンジで消毒

哺乳瓶の消毒はいつまでする?|煮沸消毒/洗剤を使うのか/レンジ

電子レンジ消毒は、専用の容器に水を入れて決まった時間チンするだけで完了します。時間と手間の節約になり、自宅では一番手軽にできる方法です。

電子レンジ消毒の方法

■1.専用の容器に哺乳瓶と規定量の水を入れる。 ■2.説明書に従い、決まった時間温める。 ■3.冷めてから取り出し、中の水を捨てて、使用するまでそのまま保管する。

温める時間はいつまで

いつまで温める必要があるかは容器のメーカーによって異なりますが、だいたい5分程度温めるものが多いです。

メリットとデメリット

■メリット 短時間で済み、片付けが簡単です。また、薬剤などが赤ちゃんの口に入る心配もありません。 レンジさえあればどこでもできます。

■デメリット 専用の容器が必要です。哺乳瓶はいつまでも使うようなものではないので、半年~1年程度で使う必要がなくなるでしょう。また、電子レンジを使うため哺乳瓶が熱くなり、消毒した後すぐには使えません。手間がかからない反面、きちんと消毒できているのか不安という声もあります。

電子レンジで哺乳瓶を消毒するときの注意点

電子レンジで哺乳瓶を消毒する場合は、専用の容器が必要なことはすでに説明しましたが、哺乳瓶によっても電子レンジNGなものがあるので注意が必要です。専用の容器を購入するときも電子レンジの大きさを考慮しないといけません。哺乳瓶を消毒するのはいつまでも必要なことではないため、わざわざ容器を買うかどうかは考える必要があるでしょう。

つけおき(薬液)消毒

哺乳瓶の消毒はいつまでする?|煮沸消毒/洗剤を使うのか/レンジ

つけおき(薬液)消毒といえば、『ミルトン』が有名です。薬液で殺菌するのですがミルトンの場合は医療現場などでも用いられており、ノロウイルスやO-157などの一般的な細菌に対し、殺菌力が期待できます。また、ミルトンは洗い流す必要はありません(匂いなどが気になる場合には洗い流すことが推奨されています)。

つけおき(薬液)消毒の方法

■1.哺乳瓶をすみずみまで洗浄する。 ■2.説明書に従い、薬液をつくる。 ■3.薬液に指定時間(1時間以上)しっかり浸す。

メリットとデメリット

■メリット 浸しておくだけでとにかく簡単です。旅行などで火やレンジが使えない場合でも、タッパーなどを利用して消毒することができます。また、殺菌力が強いため感染症などが心配な場合に効果的でしょう。ミルトンは野菜からおもちゃまで洗ったりすることができるため、赤ちゃんが手に取るものを清潔に保つことができます。

■デメリット 専用の容器と薬液を購入する必要があります。また、浸す時間(1時間以上かかる場合も)がかかりますし、薬液に浸した後で洗う必要はないと言われても、そのまま赤ちゃんに持たせるのは不安という方も多いです。

「つけおき(薬液)消毒」おすすめアイテム

Milton CP チャイルドプルーフ 60錠

錠剤タイプのつけおき洗浄剤です。哺乳瓶や乳首、器具類を除菌するための洗浄剤で持ち運びに便利なタイプになります。水2リットルに対して1錠を溶かして使用するタイプなので水筒などを用意しとおけば出先や旅行先でもいつでも簡単に哺乳瓶を消毒することができます。使うときもすすぐ必要はありませんが、匂いなどが気になる場合にすすぐこともできます。

店頭や通販で同じ商品を購入してきましたが、今まで一番安かったです!また購入する予定です!他商品の液体ボトルタイプの方が安価ですが、色が変わってしまったなど聞くので、産院でもおすすめされたこちらを使い続けています。 出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RU77HBUUCGCG... |

ピジョン Pigeon ミルクポン S 計量不要 顆粒タイプ 60包入 母乳実感 哺乳瓶消毒等に

『ピジョン Pigeon ミルクポン S 計量不要 顆粒タイプ 60包入 母乳実感 哺乳瓶消毒等に』こちらは、スティック状の顆粒タイプのつけおき消毒剤です。哺乳瓶の消毒のほか、少し大きくなった赤ちゃんのためにマグマグや食器などをつけ置きできるタイプになっています。

すぐ溶けてかなり便利!水の量がきっちりきまっていなくていい加減でいい点も楽です。2ヶ月使えるので60包入りというのもありがたいです。 出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2RKKPFO0W6T... |

哺乳瓶を洗うときは洗剤を使ってもいいの?

哺乳瓶の消毒はいつまでする?|煮沸消毒/洗剤を使うのか/レンジ

消毒ではなく、ふだんの哺乳瓶のお手入れを普通の洗剤で行ってよいのかどうかですが、基本的に問題はありません。しかし、大人用と同じものを使うことに抵抗を感じる方や、洗い残しがあるかもしれないということが気になる方は、赤ちゃん用の洗剤というものがありますので、そちらを使うという選択肢もあります。そちらの洗剤ならば、万が一赤ちゃんの口にそのまま入ってしまってもそれほど問題ないような成分で作られていますので、ママも安心できるでしょう。

洗剤だけでなく、洗うときに使うスポンジなども赤ちゃん用に分けておくとよいでしょう。いつまでも使い続ける必要はありませんが、余ったら大人の食器を洗っても問題はありません。

哺乳瓶専用のおすすめ洗剤

コンビ 哺乳びん野菜洗い 300ml

『コンビ 哺乳びん野菜洗い 300ml』は安く、天然ヤシ油由来成分配合の哺乳瓶洗浄用の洗剤で、香料や着色料なども入っていません。しっかりと泡立ちさっぱりとした洗い心地できちんと汚れを落とせます。哺乳瓶自体だけでなく野菜なども洗えるため、いつまでも使うわけでない哺乳瓶洗浄目的だけでなく購入することができるでしょう。

赤ちゃんの哺乳瓶等を洗うのに使用しており、リピ購入2つ目です。泡立ち良く使いやすいです。ただ、洗う数は少ない割に洗剤の出る量が調節しづらいので、多めに出てもったいなく感じます。 出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R22MSDYIQSE5... |

ピジョン 哺乳びん野菜洗い 本体 800ml

『ピジョン 哺乳びん野菜洗い 本体 800ml』は100%、食品に使われる成分のみで作られた哺乳瓶・野菜洗いのための洗浄液です。植物性で無着色であり、安全性が抜群でしょう。また、ポンプタイプのため必要な分だけ出しやすい点も良いところです。価格は500円を超えますが、いつまでも使わなければならないようなものでもないため、思い切って購入してみるのもよいでしょう。

哺乳瓶を洗うのに使用してます。洗い終わると、キュっとなります。洗い流しも、合成洗剤よりも早いです。使い勝手は良く、綺麗に洗えてると思います。何より、天然素材らしく、赤ちゃんに優しいと思います。 出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R203OUKIE0B4... |

チュチュベビー 哺乳びん野菜洗い コンパクト 300ml

『チュチュベビー 哺乳びん野菜洗い コンパクト 300ml』は無香料・無着色の天然植物性の赤ちゃん用洗剤です。赤ちゃんの肌にも安心なので、肌荒れしやすいママにも安心でしょう。

この手の製品は、泡立ちが悪いモノが多く、日頃から不便を感じていました。本製品は泡立ちが良く、ストレス無く洗い物が出来るのが本当に良いです。泡立ちが悪い洗剤で困っていた方におすすめで 。 出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RPOPUBEU15MG... |

哺乳びん洗い 泡スプレータイプ 280ml

和光堂の『哺乳びん洗い 泡スプレータイプ 280ml』です。泡スプレーなので泡立てる必要がなく、アミノ酸系洗浄成分を配合した哺乳瓶洗いになります。泡タイプが好きな方にオススメです。

子どもが産まれてから液体タイプの物も使いましたが、これが一番です。完ミでも、一本で2ヶ月は持ちます。泡で出てくるので、1プッシュで哺乳瓶をたっぷりの泡で洗えます。3本セットで、ストックもでき、安心して使えます! 出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2RMIK6KKDM3... |

哺乳瓶と食器の消毒はいつまで?

哺乳瓶の消毒はいつまでする?|煮沸消毒/洗剤を使うのか/レンジ

基本的には、哺乳瓶を使っている間はできるだけいつまでも定期的な消毒はした方が良いでしょう。離乳食のときに使用する食器については、離乳食を開始する時期にもよりますが生後6ヶ月くらいからならばあまり消毒の必要はないと言われています。よく動き回るようになった赤ちゃんが、そのへんのものを手当たり次第に口に入れるようになっているため、哺乳瓶や食器だけ消毒しても意味が薄いとされているためです。

逆に言えば、赤ちゃんが手に取って口に運ぶ可能性があるようなものはできるだけ清潔にしておいた方がよいのでしょう。いつまですればよいのかというと、だいたい1歳くらいまでになります。1歳でも大人ほどの免疫力はありませんが、食器の場合は栄養豊富なミルクほど細菌が繁殖しやすいということはないようです。

哺乳瓶を使うかぎりは消毒を

哺乳瓶の消毒はいつまでする?|煮沸消毒/洗剤を使うのか/レンジ

哺乳瓶をいつまで消毒するかは、お母さんにとって悩ましい問題です。人によって答えは違うでしょうし、消毒方法も変わってくるでしょう。しかし根本的には、赤ちゃんにいつまでも元気でいて欲しい、元気に育って欲しいという思いからなのは間違いありません。

いつからいつまで、と明確に決まっている訳ではありませんが、赤ちゃん用のミルクは栄養価が高いために細菌が繁殖しやすいと言われています。哺乳瓶を使っている限りは、いつまでも定期的な消毒はした方が良いのではないでしょうか。赤ちゃんの健康を身近で守れるのは、赤ちゃんの両親です。少し手間がかかるかもしれませんが、赤ちゃんもいつまでも赤ちゃんではいないので、今だけだと思って頑張りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました