ワインの糖質とカロリー、栄養素|糖質制限中のワインはOK?

料理の知識

特徴別に紹介する、お酒の種類と糖質量

糖質制限食または糖質制限ダイエットをしている方が気になるのは、「結局お酒は飲んでもいいのかダメなのか?」ということでしょう。お酒にもいろいろな種類がありますが、今回はワインについて考えていきます。

糖質の多い醸造酒とは?

お酒は、作り方によって何種類かに分類されます。ウイスキーなどの蒸留酒類、リキュールなどの混成酒類、そして日本酒、ワインなどの醸造酒類です。醸造酒というのは、米や麦やブドウなどを酵母によりアルコール発酵させて出来たお酒のことです。醸造酒は原料に炭水化物が多く含まれているものが多いので、お酒になっても炭水化物(糖質)量が比較的多いのが特徴です。糖質制限的には、できれば控えておきたいお酒ということになります。

糖質がほぼゼロ、蒸留酒とは?

最も糖質量の少ない酒類は蒸留酒類です。焼酎やウイスキー、ブランデーなどがそうで、糖質量はほぼゼロです。醸造酒を蒸留させたものが蒸留酒となります。蒸留とは、加熱して気体化させたアルコールだけを冷却して再度液体に戻す事です。この過程で炭水化物はほぼゼロになります。

ワインの種類と糖質量の違いを、特徴別に紹介

さて、比較的糖質の多いとされるワインですが、種類によって違いはあるのでしょうか。赤、白、ロゼ、そしてスパークリングワインについて、調べてみました。

赤ワインの糖質量

赤ワイン(100gあたり)の糖質量は1.5gです。赤ワインとは、濃い色の「黒ブドウ品種」から作られ、皮ごとつぶして発酵させて醸造されたものです。

白ワインの糖質量

白ワインの糖質量は(100gあたり)2.0gです。白ワインとは、淡い色の「白ブドウ品種」から作られ、種や皮を抜いた状態で醸造されたものを言います。

ロゼワインの糖質量

ロゼワインの糖質量は(100gあたり)4gです。ロゼワインとは、白と赤の中間のワインで、白ワインと赤ワインの製法をミックスしているためそう呼ばれています。白ワインと赤ワインを混ぜて作るわけではありません。濃い色のブドウが発酵の途中、色づいたところで皮を取り除いて作られるのが一般的です。

その他にスパークリングワイン、糖質ゼロワインも

ワインの銘柄や、辛口甘口などの味によっても糖質の量は多少変わると思いますが、比べてみると、ワインが1.5gで一番糖質が低いようです。続いて白ワインが2.0g、ロゼワインは4.0gでした。飲みやすいスパークリングワインなどは白ワインと同じ2.0g、さらには、糖質ゼロワインというものまで販売されています。

名前の通り糖質がゼロなので、糖質制限をしている方にとっては一番気軽に飲めるものかもしれません。糖質ゼロワインというのは、発酵条件を工夫して残糖分をカットし、さらに体に吸収されにくい甘味料を使用するなどの工夫によって、糖質を0にしたワインなのです。どの種類のワインでも、甘口よりは辛口のほうが糖質が低い傾向にあるようです。

糖質制限中のおすすめのワインの飲み方、選び方

ワインを選ぶときに考えることは、赤、白、ロゼといった種類のほかにも甘口、辛口のように味で判断することもできると思います。甘口や辛口のように味に違いが出るのは、製造過程においてそれぞれ糖質が残る量が変わってくるからです。

残った糖質が多いと甘口に、少ないと辛口に

ブドウの糖質を発酵させてアルコールを作るのが、ワインの製造の仕方ですが、発酵させる度合いによって甘口や辛口のように味に変化が生まれます。

糖質が、あまりアルコールに変化していない段階で発酵させるのをやめれば、残った糖質の甘さによって甘口のワインが出来上がります。糖質が残らないように発酵を続ければ、より辛口のワインが出来上がるということになります。当然辛口のワインほうが、発酵されないで残った糖質の量が少ないので、糖質制限には向いているといえます。

避けたほうが良いワインとは?

赤、白、ロゼなど、ワインを飲む人は、それぞれ好みがあると思います。その好みの中でワインを選ぶとすれば、糖質の量で判断すると赤ワイン、次に辛口の白ワイン、白ワインの甘口のものやロゼワインは控えたほうがよさそうです。スパークリングワインは糖質的には白ワインと同じくらいの量ですが、炭酸が入っていてのど越しがよく、ビールのようにゴクゴク飲んでしまわないように気を付けなくてはなりません。さらに炭酸には、胃を刺激して食欲を増進してしまう効果もあるので、おつまみをとりすぎてしまう恐れもあります。

糖質の低いワインは、ハードルも下がる?

赤ワインが白ワインやほかのものよりも糖質が低いからといって、2倍も3倍も飲んでしまっては糖質の量も増えてしまいます。お酒を飲んでいると酔いが回ってきて、ついその辺の判断が鈍ってくるのも困ったものです。「辛口のものは、糖質が低いから飲んだほうがいい」のではなく、あくまでも「飲むなら辛口のものがいい」と、いうことなのです。

気にせず飲むなら、糖質ゼロワインでも?

お酒を飲むときにはやはり、あまり糖質量を気にしないで飲みたいものですが、そういう時には糖質ゼロワインというものがおすすめです。糖質ゼロワインは、量販店やスーパーなどでも手に入れることができますが、ネットショッピングで探したほうがいろいろな種類の中からゆっくり選ぶことが出来ていいかもしれません。糖質がゼロでなくても控えめなワインもあるので、大いに活用しましょう。

ワイン以外のお酒との飲み合わせは?

ワインのことだけに限って考えてきましたが、お酒を飲むときにはワインしか口に入れないという人は少ないのではないでしょうか。ビールや焼酎、ウイスキーなども少しづつとか、おつまみも食べるといった方もいると思います。

ビールなど、他の醸造酒の糖質量は?

他のお酒に含まれる糖質の量はどうでしょうか。ビールの場合100g中の糖質の量3.1gなので、赤ワインのほぼ2倍です。それぞれ飲むときの量を考えると、やっぱりビールは気を付けたい飲み物です。日本酒も糖質4.9gと高く、ゴクゴク飲むわけではなくてもやはり控えたいところです。

ウイスキーなど、蒸留酒の糖質量は?

焼酎やウイスキーなどは蒸留したお酒なので、糖質的には気にする必要はありません。ただ、特に焼酎などの場合は割るものには気を付けたいです。甘いジュースで割ったりすると、糖質の量も一気に増えてしまいます。他にもカクテルや甘くて飲みやすいものは、少し疑ってかかったほうがいいでしょう。

ワインを飲むとき、おすすめのおつまみは?

ワインに限らずお酒を飲むときには、ちょっとしたおつまみもあったらいいと思う人は多いはずです。どういったものが糖質的にはいいのでしょうか。

ワインに合う低糖質なおつまみ

【糖質量】 チーズ(100g) 0.9~2.3g ナッツ類(100g) 4.2~9.3g 生ハム(100g) 0.5g カルパッチョ 鯛(1食分) 3g サラミ(100g) 2.1g ローストビーフ(100g) 0.9g スモークサーモン(100g) 0.1g ピクルス(100g) 3~5g ※ナッツ類の糖質は、くるみ(4.2g)、マカダミアナッツ(6.0g)、アーモンド(9.3g)を取り上げています。落花生、ピスタチオ、バターピーナッツ、カシューナッツなどは糖質が多いので注意が必要です。 出典: https://shiru2.jp/toushitsu/1917/ | https://shiru2.jp/toushitsu/1917/

カルパッチョやピクルスは、味付けによっても多少変わると思います。ローストビーフやスモークサーモンなどは、ソースがついてある場合もあるので注意しましょう。では、逆に糖質が高めで気を付けたいおつまみとはどういったものがあるでしょうか。

ワインに合う糖質の高いおつまみ

【糖質量】 チョコレート(100g) 51g カナッペ(1枚) 3~5g ガーリックトースト(1切) 11g ピザ(小さいもの1枚) 43g パスタ(1食分250g) 67.25g レーズン 83.4g ジャーマンポテト(1食分) 17.8g ※パスタの糖質は、茹でたパスタの糖質量でソースや具の糖質は含みません。ソースや具によって糖質量はさらに高くなります。 出典: https://shiru2.jp/toushitsu/1917/ | https://shiru2.jp/toushitsu/1917/

チョコレートやレーズンは、糖質そのままのような気がしますし、ピザもパスタも使う材料によっては糖質がかなり違うものになりそうです。糖質の低いもの高いもの、色々上げましたがどうだったでしょうか。家で一人で飲む場合は考えてチョイスできると思いますが、お店で友達同士で飲む場合などは、みんなが注文した色々なおつまみや料理と出会うことになると思います。出来るだけ糖質の高いものは避けるようにしたいものです。

糖質オフダイエットの方におすすめするワイン

ここでは、糖質を出来るだけ取りたくないという人にお勧めするワインを、いくつか紹介したいと思います。ワインの産地や風味などこだわりのある方を除いては、興味を持って調べ始めたらきりがありません。ここでは、日本産のワインに絞ってご紹介します。おいしいと評価が高いワインはたくさんあります。

中央葡萄酒 グレイス グリド甲州 750ml

魚料理(白身の焼き魚)や、タコやイカとの相性が良く、何といっても、日本産のワインだけあって、お寿司に合います。

キリッと辛口で雑味のないクリアでスッキリとしてるけど、しっかり深みも感じられるワインです。柑橘系の酸味も効いていて、これからの暑い時期に最高ですね。国産のワインとしては最高の部類かと思います。 出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%89%E7%9... | https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%89%E7%9...

信濃ワインスーパーデラックス 白 竜眼 720ml

ワインの糖質とカロリー、栄養素|糖質制限中のワインはOK?

ニュートラルな穏やかさの中に優しい品格を持つ、きれいな酸味が印象的な白ワインです。スッキリした辛口だから、繊細な和食を引き立て、あっさりした料理によく合います。自社の畑で、除草剤は一切使用せずに草生栽培に徹し、有機肥料で低農薬防除を行って育てたブドウを使用しています。

赤ワインが好きな方はこちら。

アルプス ミュゼドゥヴァン 松本平ブラッククイーン 720ml

信州松本平産ブラッククイーンを、フレンチオーク樽を使って熟成させました。濃紫色の深い色合い、凝縮された果実味、そして適度な渋みが特徴のバランスの良い赤ワインです。豚の角煮や、ラムチョップなどの料理と合わせるのがおすすめです。飲み頃の温度は14~18℃位が飲み頃の温度です。

同価格帯の輸入ワインを飲むので有れば、このワインの方が余程美味いと思います。 葡萄の味もしっかり味わえて、渋みも少なく気持ち良く喉に入る感覚です。 出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%97%E3%8... |

大和葡萄酒 ハギーワイン 十二原 720ml

高品質なぶどうが収穫されることで名高い、長野県松本市郊外で収穫されたメルロー種を使用しました。しっかりしたボディーの中に、メルローならではの優しさを表現しています。メルロー種特有の柔らかな口当たり、美しいルビー色に加えてブルーベリージャムのような香りが長く広がります。

糖質ゼロのワインをご紹介。

ボンヌサンテ糖質ゼロ(赤) 720ml

ワインの糖質とカロリー、栄養素|糖質制限中のワインはOK?

日本初「糖質ゼロ」という新しい機能価値を持った、今までにない国産のワインです。 アルコール度数は9%で、どんな料理にも合うすっきり軽やかな味わいが特長です。 ペットボトル入りなので、軽くて取り扱いも便利です。

ボンヌサンテ糖質ゼロ(白) 720ml

ワインの糖質とカロリー、栄養素|糖質制限中のワインはOK?

こちらは、糖質ゼロワインの白です。

気に入ったワインはありましたでしょうか。外国産のものも含めて、たくさんあるワインの中から選ぶことが出来るのも楽しみの一つです。

ワインは糖質的に太るのか?

「ワインを飲むと太る」という人と、「ワインを飲んでも太らない」という人がいます。どうしてこうも、正反対なことを言い切れるのでしょうか。「ワインは太る原因だけれども、ワインだけでは太らない」というのが一番近い答えではないでしょうか。つまり、ワインだけを飲んでいる人は太らないし、ワインと一緒に他のものも食べたり飲んだりする人は太る。という意味です。

ワインのカロリーってどれくらい?

ワインのカロリーは、赤と白は100g中73k㎉、ロゼは77㎉と意外にも種類によってあまり変わりはないようです。ほかのお酒と比べてみると、焼酎は同じ量で163㎉、日本種は103㎉とカロリーは高めです。お酒に関してはアルコール度数が高いほどカロリーも高くなるので、焼酎や日本酒に比べてアルコール度数が低めなワインはカロリーも低くなるのです。

エンプティカロリーとは?

エンプティカロリーというものは、お酒に含まれているアルコールのカロリーのことで、体内に蓄積されることはありません。カロリー内に、脂質などの栄養素が含まれていないことから「エンプティ(空っぽの)カロリー」と呼ばれています。アルコール由来のカロリーは「空っぽ」のおかげで体内に蓄積されず、肝臓で分解されて代謝されます。その結果、顔が赤くなったり体が火照ったりと、アルコールに含まれるカロリーが優先的に使われるのです。

グリセリンや有機酸の効果

ワインに含まれている糖質は、その大部分を旨味成分であるグリセリンと有機酸が占めています。グリセリンや有機酸とは血糖値をあまり上昇させない成分であり、それ以外の果糖やブドウ糖、糖アルコールなどの血糖値を上昇させる成分の量はごくわずかしかないといわれています。

ワインを飲んで、楽しく糖質制限しましょう

ワインは、アリかナシかと言われれば、大いにアリだと思います。しかし、これまでも述べてきたように大丈夫なものと控えるべきものがあるということは忘れてはいけません。お酒の飲み方は人それぞれなので、一緒におつまみもなければだめだという人、ワインだけでは止まらずビールや日本酒も飲んでしまうという人など、逆にワインだけあればいいという人もいるでしょう。

人間が口に入れるものですから、ワイン以外にも色々なものが足し算で積み重なった結果、糖質が制限できたかどうかがわかるわけです。ワインが他の糖質制限食と違うところは、飲むと酔ってしまうというところです。酔うと正しい判断ができなくなったり、甘えが出てくるかもしれません。それにワインは一度蓋を開けてしまうと、飲み切ってしまいたくなるものでもあると思います。 気を付けなければいけないことはあると思いますが、ワイン自体は糖質制限に向いているお酒だと思うので、上手に付き合っていきたいものです。ワインを敵にしてしまうか味方につけるかは、飲む人次第ということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました