彼や旦那さんが朝帰りのときの対応6つ・浮気か見極めるポイント

結婚

朝帰りとは

彼や旦那さんが朝帰りのときの対応6つ・浮気か見極めるポイント

朝帰りとは、本来ならば夜には帰宅するはずの人が夜になっても帰宅せず、外出先で宿泊して、翌朝帰宅してくる行動のことを言います。

今現在は性別や婚姻の有無に関係なく、単純に外泊して翌朝帰宅する行動に対して気軽に朝帰りという言葉を使用しますが、昔は朝帰りと言えば、男性が遊郭(今で言う風俗店)や妾宅(浮気相手の家)に宿泊して翌朝帰ることを意味していました。

男性が朝帰りする理由

不安な気持ちを抱えて待っていた女性に対して、朝帰りしてきた男性はたくさんの言い訳を口にします。言い訳の中にはとってつけたような理由であったり、かなりうさん臭いものもあります。

男性が朝帰りしてしまう本当の理由とはいったいどのような理由なのでしょうか。男性の言い訳をすべて信用してしまってもいいのでしょうか。 ここでは男性が朝帰りしてしまう理由をいくつか紹介します。

付き合いで帰れなかった

男性の朝帰りで多いのは、会社の上司や取引先の人間に誘われて、断ることができずに終電を逃して朝帰りになってしまうケースです。

男性の社会は女性が考えている以上に仕事上の付き合いや、人間関係においての上下を重要視します。 上司や取引先、同じ会社の先輩の誘いを断るということはその後の仕事や職場での人間関係にも大きく影響してしまうため、断ることはできませんし、場が盛り上がっている時に帰ることもできません。

家に帰りたくなかった

男性が朝帰りをしてしまう理由に、家庭が苦痛で、家に帰りたくないという気持ちから朝帰りというケースもあります。

仕事で疲れて家に帰っても部屋の中が汚くてくつろぐことができず、食事の用意すらされていないことで家にいる事がストレスに感じてしまっていたり、妻の愚痴やわがままに疲労を感じていたりと、男性が家庭に癒しや自分の居場所がないと感じて家庭から足が遠のいてしまい、朝帰りをしてしまいます。

浮気をしている

男性の朝帰りの理由として、やはり外せないのが浮気をしていることが原因での朝帰りです。

妻が不安な気持ちで待っている間に、浮気相手と楽しく一晩過ごして朝帰りになってしまったというケースは、妻にとってはもっとも屈辱的で起きて欲しくない朝帰りですが、男性の朝帰りで女性が最初に疑うのがこの浮気をしている可能性です。

彼や旦那さんが朝帰りしたときの対応6つ

彼や旦那さんが朝帰りのときの対応6つ・浮気か見極めるポイント

いつもなら帰ってくるはずの時間になっても帰ってこない男性を待つ女性は、事故や事件や浮気など、悪いことばかりを想像してしまい、強い不安に襲われます。

そして、つい帰ってきた男性に怒りをぶつけたり、問い詰めたりしてしまいがちですが、その行動は正しいのでしょうか。かえって男性の朝帰りの回数が増える結果になっていませんか。 ここでは男性が朝帰りをしたときに女性がとるべき対応を6つ紹介します。

対応1:心配していたことを伝える

男性が朝帰りをしてきた時に効果的な対応の1つは心配していたことを伝えるという事です。

事件や事故など、男性の身に何か危険なことがあったのではないかと心配した、とりあえず無事に帰ってきてくれてよかったと伝えてみましょう。 朝帰りをした男性は、女性に怒られるに違いないと考えています。男性の予想に反して心配されていたんだと感じると、反省の気持ちが沸いて朝帰りの回数が減ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました