甘酒のアレンジレシピ7選|栄養満点の甘酒を美味しく摂取しよう

レシピ

甘酒とは

美容や健康に良い「甘酒」は日本の伝統的な甘味飲料で、古来から重宝されてきました。甘酒は白く濁っている見た目が特徴です。こちらでは、その甘酒の成分を詳しくご紹介していきます。また、甘酒を子供に飲ませることができるのかも合わせて理解していきましょう。

飲む点滴

甘酒は飲む点滴と言われています。なぜそのように呼ばれているかというと、甘酒には点滴と同じように、ブドウ糖やビタミンB群が入っているからです。このことから、甘酒は点滴の中身に近い成分を持つ飲み物であると言えます。

甘酒が、古来から重宝されていた理由が理解できるのではないでしょうか。飲む点滴と呼ばれる甘酒の嬉しい効能については、のちほどさらに詳しくお伝えします。

アレンジして子供に飲ませても大丈夫?

お酒を子供に飲ませても大丈夫なのかと心配になる人も多いことでしょう。けれども、甘酒の作り方に気をつければ子供に飲ませても大丈夫です。

甘酒には酒粕から作られたものと米麹から作られたものがあります。酒粕に砂糖を加えて作る酒粕甘酒はアルコールが含まれていますので子供には不向きです。一方、米麹を発酵させて作る米麹甘酒であればアルコールも砂糖も含まれませんので、子供にはこちらの甘酒を飲ませてあげましょう。

甘酒のおすすめアレンジレシピ7選

ここからは、甘酒のおすすめアレンジレシピを7つご紹介していきます。甘酒は飲み物だけではなく、スイーツや料理にも使えます。さまざまな甘酒のアレンジレシピにチャレンジしてみるのはいかがでしょうか。

1:甘酒のタピオカ薬膳TEA

甘酒のおすすめアレンジレシピの1つ目は「甘酒のタピオカ薬膳TEA」です。もちもちした食感が特徴のタピオカが大好きだという人も多いのではないでしょうか。紅茶を使い、タピオカミルクティーをイメージさせている甘酒のアレンジレシピです。こちらのアレンジレシピでは、甘酒の風味に負けないように、紅茶を濃いめに入れるのがポイントでしょう。

タピオカ(もどしたもの) 大さじ1 紅茶 スプーン1 甘酒 大さじ4 1.甘酒をコップに入れ、タピオカを加えかき混ぜなじませる。 2.濃い目に入れた紅茶を注ぎ出来上がり。 出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/94733/recipe/643532 |

2:玄米甘酒ローチョコレートトリュフ

甘酒のおすすめアレンジレシピの2つ目は「玄米甘酒ローチョコレートトリュフ」です。こちらのレシピでは、砂糖や乳製品が一切使われていません。しかし、甘酒の自然な甘さがある健康的なスイーツです。こちらのアレンジレシピにならって、抗酸化や抗ストレスに効果的なローカカオを使うことをおすすめします。

玄米甘酒 150g ローカカオバター 80g ローカカオパウダー 40g バニラパウダー 小さじ1/2 ヒマラヤ岩塩 ふたつまみ 1.甘酒をブレンダーでなめらかになるまで撹拌します。 2.カカオバター以外のすべての材料を入れてもう一度撹拌します。 3.カカオバターを削り、低温の湯煎で溶かしたカカオバターを加えて、なめらかになるまで撹拌します。 4.写真の様に4種のフレーバーを作りたいときは、生地を4等分にします。 出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/143232/recipe/808013 |

3:甘酒寒天

甘酒のおすすめアレンジレシピの3つ目は「甘酒寒天」です。こちらは、もともとミルク寒天が好きな人にぜひチャレンジしてもらいたい甘酒のアレンジレシピでしょう。作り方は非常に簡単です。

レシピでは黄桃の缶詰を使っていますが、さらにアレンジして他のフルーツで試してみるのも楽しいのではないでしょうか。コンロは使用しますが、小さな子供であっても大人と一緒であれば安心して作れる甘酒スイーツレシピのひとつです。
甘酒 300 牛乳 300 粉寒天 4g 黄桃(缶) 100 1.牛乳に粉寒天を振り入れ、火にかけ混ぜながら煮溶かす。 火を止め、甘酒を混ぜ合わせ、型に流し入れ冷やし固める。人数分に取り分け、黄桃のソースを添える。 [黄桃ソース] 黄桃はミキサーにかけても、刻んで混ぜ込んでもOK 使用する甘酒によって味が違うので、甘酒の香りが気になるような場合はレモン汁を使うといいです。 出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/82548/recipe/1085204 |

4:ココナッツオイル入り甘酒♪

甘酒のおすすめアレンジレシピの4つ目は「ココナッツオイル入り甘酒♪」です。ココナッツオイルにはラウリン酸の抗菌作用があります。インフルエンザ予防や風邪予防にも効果的な甘酒のアレンジレシピでしょう。こちらのココナッツオイルが入った甘酒は、冬の寒い日やほっと一息つきたい時に特におすすめです。

甘酒 1人分 熱湯 適量 エキストララバージンココナッツオイル 3g~4g 1.甘酒を作ったら ココナッツオイルを 加え、溶かし、混ぜます 出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/90987/recipe/1053352 |

5:チョコチップ入りベリーベリーパンケーキ

甘酒のおすすめアレンジレシピの5つ目は「チョコチップ入りベリーベリーパンケーキ」です。市販のパンケーキミックスを使用するので、比較的レシピの難易度は低めでしょう。見た目が華やかで、スペシャルな日に作りたくなるような甘酒のアレンジスイーツレシピです。家庭にオーブンがない場合でも、こちらのケーキであれば作ることができます。

<2〜3人分> 卵 1コ 甘酒 90cc 牛乳 60cc なたね油 大さじ1 市販のパンケーキミックス 1袋(200g) チョコチップ 25g GABAN バニラビーンズ 2〜3cm ミックスベリー(苺、ブラックベリー、ラズベリー、ブルーベリー、レッドカラント) 80g 苺ソース 20g バニラアイス 適量 粉糖 バター 少々(焼くとき用) 1.バニラはさやから出し、牛乳とあわせておく。 2.ボウルに卵を入れてよく溶きほぐし、甘酒、牛乳、なたね油も加えてよく混ぜる。 3.パンケーキミックスを加えて混ぜ、チョコチップも加えて混ぜる。 4.熱したホットプレートにバターを入れ、ぬれぶきんの上にのせていったん冷ます。 5.生地を流し入れて蓋をし、弱火で表面がぷつぷつしてくるまで加熱。 裏返してさらに焼く。 6.焼き上がったパンケーキの上にバニラアイスをのせ、ミックスベリーと苺ソースをかけ、ミントを添え、粉糖をふったら出来上がり 出典: http://www.recipe-blog.jp/spice/recipe/52262 |

6:セロリとパプリカの甘酒塩麹漬け

甘酒のおすすめアレンジレシピの6つ目は「セロリとパプリカの甘酒塩麹漬け」です。βカロチンが豊富なセロリとパプリカを漬けるだけの簡単アレンジレシピですので、あともう一品欲しい時にもおすすめでしょう。サラダ感覚で食べることができ、冷蔵庫に常備しておくのも便利でしょう。

また、米麹甘酒に砂糖は使用されておりませんが甘めに仕上がります。塩気が利いている方が好みだという人は塩麹の量で調整すると良いでしょう。
セロリ 2本(160g) カラーパプリカ 3個 米麹甘酒 大さじ3 塩麹 大さじ2 1.セロリは斜めの薄切り、パプリカは細切りにしてジップロック等の袋に入れ、甘酒と塩麹を入れて全体に塗す 2.冷蔵庫に1日程度漬けておいたら出来上がり 出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/134590/recipe/1158458 |

7:【美肌スイーツ】甘酒&豆乳のソフトヨーグルト

甘酒のおすすめアレンジレシピの7つ目は「【美肌スイーツ】甘酒&豆乳のソフトヨーグルト」です。朝食にもピッタリでしょう。甘酒と豆乳の組み合わせで、美肌効果が非常に高い甘酒スイーツのアレンジレシピです。豆乳には、大豆イソフラボンという成分が含まれており、きめ細かい肌を作る効果が期待できます。

米麹甘酒 200cc 無調整豆乳 100cc レモンの絞り汁 大さじ2 塩 ひとつまみ 1.豆乳にレモン汁を加え、ハンドミキサーにかける、 2.甘酒と塩を加え、再度ハンドミキサーをかける 3.滑らかになったら、冷蔵庫で冷やしておく 出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/160465/recipe/924165 |

アレンジレシピに使える甘酒の購入はこちらから

マルコメ プラス糀 米糀から作った糀甘酒LL1000ml×6本

¥ 3,227 Amazonで見る 楽天で見る
口コミ

この甘酒なしでは朝を迎えられません。市内でも一箇所しか取り扱いがないので大変助かります。

こちらは、自然な甘みがおいしい米糀の甘酒です。味噌で有名なマルコメから発売されています。国産米100%、アルコール0%ですので、子供にも授乳中のお母さんにも安心でしょう。好きなときに好きな量を飲める大容量タイプです。

甘酒の嬉しい効能5選

甘酒は、いろいろなアレンジが可能だということがご紹介したレシピから理解できたのではないでしょうか。引き続きここからは、甘酒の嬉しい効能を5つご紹介していきます。美容や健康のためにも、しっかり効能を学び、さらに甘酒に詳しくなりましょう。

1:便秘の予防・解消

甘酒の嬉しい効能の1つ目は便秘の予防・解消です。甘酒は食物繊維やオリゴ糖が豊富で、腸内環境を整えてくれます。便通の促進効果が期待できますので、便秘の予防や解消のためにも習慣化して毎日適度に甘酒を摂取しましょう。

2:美肌効果

甘酒の嬉しい効能の2つ目は美肌効果です。甘酒にはビタミンB群が豊富で、飲むことで血行や代謝がアップします。血管の老廃物を流し、皮膚の状態を改善してくれますので、甘酒には美肌効果が期待できるでしょう。

3:ダイエット効果

甘酒の嬉しい効能の3つ目はダイエット効果です。甘酒にはブドウ糖が豊富で、血糖値の上昇が期待できます。甘酒は少しの量でも、空腹感を抑制してくれますので、ダイエット効果につながると言えるでしょう。血糖値の上昇が気になる人は、急激に上昇するのを防ぐために、ゆっくり時間をかけて飲むようにします。

4:夏バテ防止

甘酒の嬉しい効能の4つ目は夏バテ防止です。甘酒に含まれるブドウ糖やビタミンB群は、疲れが溜まっている人に特に必要になります。甘酒の栄養価が高いことが夏バテ防止に期待できる理由のひとつです。また、夜眠る前に甘酒を飲むと、ブドウ糖のリラックス効果から睡眠の質が高まり、さらに夏バテ防止に繋がります。

5:生活習慣病の予防

甘酒の嬉しい効能の5つ目は生活習慣病の予防です。生活習慣病の引き金になるのは、まず肥満でしょう。しかしながら、甘酒にはそれを予防する効果があります。これは、コレステロール低減効果のあるプロラミンが作用しているからです。

プロラミンは、便秘改善やコレステロール排出促進、肥満抑制効果などの生理作用があります。プロラミンは、ヒト消化器官で消化・吸収されにくいタンパク質の一種で、食物繊維に近い機能があるためです。

甘酒を美味しくアレンジしよう

気になるアレンジレシピはありましたか。今回ご紹介したものは手順が比較的簡単なレシピが多く、料理が得意ではない人や子供でも挑戦しやすいことに気づいた人も多いのではないでしょうか。

さらに、甘酒には嬉しい効能がたくさんあります。甘酒を美味しくアレンジして、飲むことを習慣化できるとさらに毎日が健康的になることでしょう。早速、甘酒を購入しておすすめのアレンジレシピにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

甘酒のおすすめアレンジレシピや甘酒の嬉しい効能を学んだあとには、酒粕や粕汁についても調べてみましょう。以下の記事では、酒粕から甘酒を簡単に作る方法や酒粕を利用した料理、粕汁のおすすめ人気レシピをご紹介しています。美容や健康のためにも、ぜひチェックしてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました