ゆで卵の栄養分を詳しく解説|活用した健康レシピ10選

レシピ

卵に関する基礎知識

ゆで卵の栄養分を詳しく解説|活用した健康レシピ10選

日常生活を送るうえで、食事に必要不可欠な卵ですが、みなさんはどのくらいの知識を持っているのでしょうか。コレステロールが高い食べ物、日持ちがしない生ものという認識を持つ人も多いでしょう。

以下の記事では、卵の基礎知識を紹介します。1日の摂取制限や保存期間について、正しい知識を養い、日々の生活に役立ててみるといいでしょう。

1日2個以上食べても大丈夫!?

昔は「1日2個以上食べてはいけない」とされていた卵ですが、現在では、コレステロールの摂取制限がなくなったため、1日に2個以上食べても大丈夫とされています。コレステロールが高いことでのリスクは有名な話ですが、低いことでも、ガンになる確率が5倍にあがるといいます。

コレステロール不足の食事が続くと、ほかの栄養分もともに不足してしまい、ウイルスから身体を守る機能が低下します。適度な摂取が大切だといえます。

正しい保存方法と保存期間

卵を長期保存するには、10度以下の環境にしておくことが必須条件になります。その条件の元であれば、賞味期限を過ぎたあとでも最大10日もたせることができます。

そもそも、卵の賞味期限は、季節もよりますが、産卵から約2週間を目安に設定されています。無菌状態で殻に包まれている卵は、そう簡単に腐るものではありません。適切な温度の下であれば、日がたっていても生で食べることが可能になるといえます。

ゆで卵の栄養について詳しく解説

多くの食べ方がある卵ですが、いちばん効率的にバランスよく栄養を吸収することができる食べ方は、実は「ゆで卵」であるといえます。ここからは、ゆで卵の栄養分や期待できる美容効果を紹介していきます。

卵は、食べ方によって含まれる栄養が変わります。ぜひ、ゆで卵にすることで豊富になる栄養分を知って、役立ててみてください。

含まれる栄養分

栄養価の高いスーパーフードとして名高い卵は、ゆで卵にすると効果的に栄養をとることができます。主な栄養分としては、抗酸化作用をもつ「メチオニン」や、1日に必要な摂取量の3分の1を補うことができる「たんぱく質」、記憶や学習に関わる「コリン」などが挙げられます。

しかし、カロリーはひとつ84kcalと、意外にも高めに含まれているため、食べ過ぎには注意が必要です。適量を摂るようにしましょう。

期待できる5つの健康効果

卵には、期待できる健康効果が5つもあることをご存知でしょうか。安くて家庭で食べる機会も多い卵に、このような効果があるということは、女性はもちろん、男性や、子供、家族、誰にとっても嬉しいことなのではないでしょうか。

以下の記事では、卵の健康効果について紹介していきます。健康を気にする方は、ぜひ、参考にしてみてください。

期待できる健康効果1:高血圧を防ぐ

たんぱく質をじゅうぶんに含んでいる卵は、高血圧を下げ、しなやかな血管を作るはたらきがあります。コレステロールの量を恐れず、1日に1個食べてみてください。

特に、夕食時に取り入れることで、翌朝の血栓予防に繋がり、良い効果をもたらすといえます。毎日の食事に卵を加え、生き生きとした柔軟性のある血管作りで高血圧を防ぎましょう。

期待できる健康効果2:コレステロールや中性脂肪を抑える

一時期はコレステロールの量で敬遠されていた卵ですが、実は、その栄養の豊富さからコレステロールと中性脂肪を抑えるはたらきも持っています。

だからといって摂りすぎには注意が必要です。あくまで適量を守って摂取するようにしましょう。

期待できる健康効果3:動脈硬化を防ぐ

食事を取る際に、ほかの食材とまんべんなく合わせて卵を摂取することで、動脈硬化を防ぐことができます。前述のとおり、卵はしなやかな血管作りに有効であるといえます。

動脈硬化を防ぐには、血管をやわらかく保ち、脂質の取り過ぎを控えることが大切です。健康な生活の第1歩に、卵を取り入れてみてはいかがでしょうか。

期待できる健康効果4:目の疲労回復

卵に含まれている栄養は、目の疲労を回復させるのにも役立ちます。卵は、たんぱく質を豊富に持っているとともに、そのたんぱく質を分解する際に吸収を助けるといわれているビタミンB群を含んでいます。

特にビタミンB群といった栄養素は、視神経のはたらきを高めてくれる効果があり、目の疲労回復に大きく繋がるといえます。

期待できる健康効果5:骨や髪を丈夫にする

卵に含まれている栄養の中でも、ビタミンB12、ビタミンD、ビオチン、たんぱく質は、健康的な髪作りになくてはならないものであるといえます。これらが豊富に含まれている卵は、やはり素晴らしい栄養素の塊といえるでしょう。

カルシウムの吸収を助ける効果のある栄養素が豊富なため、骨を丈夫にすることにも繋がります。積極的に卵を摂取することで健康的な骨や髪を手に入れることができます。

ダイエット中の人にもおすすめ!

栄養が豊富なうえに、カロリーが比較的低めな卵は、実は、ダイエット中の人にもおすすめできます。低エネルギーで高タンパク質、そして腹持ちの良い食事作りに、卵はかかせない存在であるといえます。

ただし、調味料の使い過ぎには、注意が必要です。適量の味付けで、変幻自在な卵料理を楽しむようにしましょう。

ゆで卵が好きなあなたにおすすめの商品はこちら!

パール金属の電子レンジ用ゆで卵の調理器具レンジピヨ(たまご3個用)の紹介です。日本製で お湯が吹きこぼれる事もなくきちんとゆで卵ができるので、おすすめの商品です。

ゆで卵の栄養をまるごと頂く活用レシピ10選

栄養豊富なゆで卵の魅力を余すことなく頂くことができるレシピがあります。以下の記事では、全部で10個のゆで卵の活用レシピを紹介します。

どれも、家庭で手軽に挑戦することができる料理ばかりです。ぜひ、参考にしてみてください。

レシピ1:ほうれん草とゆで卵のマヨサラダ

簡単、短時間でゆで卵をアレンジすることができるレシピです。スーパーなどにあるほうれん草でなくても、コンビニにも売っている冷凍のカットほうれん草を調達するだけで、あとは、家に常時置いてあるような食材を使えば作ることができます。

ほうれん草にも栄養が豊富に含まれており、この1品で、食卓に彩りと栄養素をじゅうぶんに加えることができるといえます。
Blockquote firstBlockquote second

コメント

タイトルとURLをコピーしました