マザコンな人の特徴8個・マザコンのチェック項目4つ

性格・タイプ

マザコンと親想いはどう違う?

マザコンな人の特徴8個・マザコンのチェック項目4つ

マザコンと親想いはどのような違いがあるのか気になるでしょう。この2つのタイプの違いには、甘えると労わるの違いがあります。

マザコンは、子供が母親にベッタリついては物を買ってもらったり、料理を作って食べさせてもらうなど、小さな子供が親に甘えるような行動や言動が目立ちます。 親想いは、親のことを想い、好きな料理を作ってあげたり、掃除をしてあげる、家を買ってあげるなど、親を労わる行動をするでしょう。

親想いの人は家事を自分で全部やる

親想いの人は、家事を自分で全部やります。親に食器を片付けさせたり、掃除をさせることはなく、できることは親を頼らずに全て自分でやるでしょう。

特に、年老いた親の身体のことを気遣える親想いの子供は、負担をかけまいと疲れていてもゴミの分別からシンク周りの掃除もパッパッとやります。自分の分だけではなく、親の食器を片付け、洗ってあげることもするほど、親想いの行動が目立ちます。

親想いの人はパートナーを大切にする

親想いの人は、パートナーを大切にします。結婚相手のことを考えた行動ができ、心配をさせたり、不安な気持ちにすることもありません。自分のことよりも、パートナーのことを考えた行動をする優しさもあります。

そんな人は、パートナーの家族も大切にできるでしょう。相手の親が介護を頼みたいときは快くやりますし、兄弟が受験勉強のときは栄養のある夜食を作ってあげるなど、心優しい行動を見せます。

マザコンは親に心配をかける

マザコンの人は親の愛情を独り占めしたいと考えている方が多いです。親に心配をかけ、原因解決したさいに強く抱きしめられることを期待する傾向があります。そのため、些細なことでもわざと大げさにして話すことが多いです。

マザコンな人の特徴8個

マザコンな人の特徴8個・マザコンのチェック項目4つ

しっかりと大人になり、親元を離れて生活をする人から見ると、どこか残念と感じるマザコンな人が増えています。この大人になっても母親からうまく離れられないでいるマザコンな人の特徴とはどんなものか、その特徴を8個ご紹介しましょう。

特徴1:何よりも母を優先する

何よりも母親を優先にするのがマザコンの特徴です。誰よりも大事な母親と一緒にいたいと思うので、友人であっても、恋人であったとしても母親を優先にするでしょう。

例えば、友人と遊ぶ約束をしていても、母親から「ねえ、今度の休みにショッピングに連れて行って」と頼まれれば、そちらを優先にします。これで友人関係に亀裂が入ったとしても、母親と長い時間いた方が楽しいし、幸せと感じるので気にしません。

特徴2:母と連絡を取る頻度が高い

母と連絡を取る頻度がやたら高いのはマザコンの特徴です。母親と話していないと悲しい気持ちになるので、時間があれば電話をかけて話をするでしょう。

声を聞くだけでも不安な気持ちもなくなりますし、辛い気持ちも吹き飛ぶマザコンは、電話ができない状態であれば、メールやLINEで連絡を取ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました