気持ちいいキスの仕方7つと相性がいいと感じるキスの特徴6つ

カップル

誰でも気持ちいいキスがしたい

気持ちいいキスの仕方7つと相性がいいと感じるキスの特徴6つ

キスをするなら誰でも気持ちいキスをしたい願望があります。キスをすることは愛情表現の一つですが、比較的安易にすることができます。

そのため、慣れてしまうと大雑把にキスをしてしまう事が多いですが、気持ちいいキスができないと相手が不快に感じてしまう事もあります。そのため、キスのテクニックを磨き、自分だけではなく相手も気持ち良くなれるキスをするようにしましょう。

キスに相性はあるか

キスをした時に違和感を感じたり、今まで感じたことがない感覚を味わった経験がある人も多いのではないでしょうか。

キスには相性があるため、相性がいい同士がキスをすることで気持ちいいキスをすることができます。そのため、相性が悪い同士では気持ち悪いキスになります。しかし、相手が求めているキスをすることで相性を良くすることもできるため、努力することも大切です。

気持ちいいキスの仕方7つ

気持ちいいキスの仕方7つと相性がいいと感じるキスの特徴6つ

気持ちいいキスをすることで互いに気持ちを高めることができ、より一層相手への愛情が強くなります。

気持ちいいキスをすることで長い期間仲良くすることができ、気持ちいいキスを定期的にすることで高齢になっても離婚することが少ないです。 気持ちよさでは性行為には劣ってしまいますが、キスは気軽にすることができるメリットがあります。次に、気持ちいいキスの仕方を紹介するのでキスに自信がない人は参考にしてください。

仕方1「お互い見つめあう」

気持ちいいキスをするためには、互いにキスをする心の準備をする必要があるため、互いに見つめ合ってからキスをすると気持ちいい気分になりやすいです。

不意にキスをされることを女性が望んでいる場合もありますが、驚きの気持ちの方が強くなってしまい、気持ちいいと感じにくいです。そのため、気持ちいいキスをする前に「これからキスする」という意思表示をすることで、安心してキスをすることができます。

仕方2「キスする瞬間を意識する」

キスをする瞬間は意識を集中することで気持ちいいキスを体験することができます。ポイントは唇の神経を研ぎ澄ませて相手の唇の柔らかさを感じ取ることが大切です。

また、少し湿らせる方が気持ちいいと感じやすいので、乾燥している場合は湿らせるようにしましょう。

仕方3「ソフトなキスから始める」

キスにはソフトにするキスとディープにするキスがあり、どちらも気持ちいいキスです。しかし、最初からディープなキスをしてしまうと気持ちが追いついていないため、気持ちよく感じにくいです。

最初はソフトなキスから始めることで、少しずつ気持ちいい気分になり、興奮することができます。そのため、最初にソフトなキスをして、互いに気持ちが興奮してきたらディープキスに変えるようにしましょう。

仕方4「スキンシップをとりながらキスする」

キスだけでもテクニックさえあれば気持ちいい気分にさせることができますが、キスと同時にスキンシップをとることでより気持ちいい気分にすることもできます。

仕方5「気持ちを伝えながらキスする」

内面的な刺激を与えることでも気持ちよさを高めることができます。性感帯を刺激する外的な刺激はより気持ちいい気分にさせることができますが、内面的な刺激は気持ち良さと同時に安心感を与えることができます。

そのため、「好きだよ」や「愛している」と言いながらキスをするだけでも気持ちを伝えられた側は気持ちいい気分を味わうことができます。

仕方6「場所を選ばない」

日本人は人前でキスをすることに抵抗があり、二人っきりの場面でないとキスをすることはあまりありません。

しかし、場所を選ばずにキスをすることで、本当の相手の気持ちを知ることができるため、精神的に気持ちいいキスをすることができます。また、普段しないことをしている可能性が高いため、新鮮味を感じることができます。 人通りが少ない場所でキスをするとドキドキ感が高まり、気持ちよさに変換されることもあります。

仕方7「愛している気持ちがある」

気持ちいいキスをすることで、自分は愛されていると感じることができます。

愛されていると感じることで安心感が強くなり、相手への愛情をより高めることができます。そのため、自分も気持ちいいキスをしてあげたい気持ちが強くなり、互いに気持ちいいキスをし合う事ができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました