「重い」彼女と別れる方法7つ/重いと感じた彼女の一言・注意点

カップル

「重い」は別れる理由になる

「重い」彼女と別れる方法7つ/重いと感じた彼女の一言・注意点

世の中には、相手を好きすぎるあまりに重いと言われてしまう人がいます。相手のことを好きだからこその行動、言動ですが、相手にとっては不快である場合があるからです。

重い彼女とはどのような心理状態なのでしょうか。今回は、男性向けに重い彼女との別れ方、女性向けに重い彼女にならないために、をご説明をいたします。

「重い」と感じた彼女の一言

「重い」彼女と別れる方法7つ/重いと感じた彼女の一言・注意点

ではまず重い彼女とはどのような彼女でしょうか。重いと言われる彼女に多い一言をご紹介いたします。男性は、この言葉を言う彼女に注意して、女性は、この言葉を言ってしまわないように注意しましょう。

1:「仕事と私どっちが大事?」

仕事で忙しい彼に対して言ってしまいがちな重い一言です。もちろん好きなのは彼女でしょうが、仕事をしなければ将来食べていくことも、結婚して子供を産み育てることもできず、仕事も彼女も大切です。

仕事と彼女を天秤にかけられると、男性は重たく感じることでしょう。彼女は仕事と自分とが別次元のものである、と理解することが必要です。

2:「どこに誰といたの?」

連絡がつかなかった場合などに言いがちな重い一言です。付き合っている彼氏と彼女にもお互いプライベートな時間があり、隠すつもりはないけれど執拗に問い詰める行為は、男性には息苦しく重いと感じられるでしょう。

不安から出てしまう一言でもあるので、男性は普段から彼女を安心させてあげることも必要ですが、彼女は男性を束縛しすぎると、重いと思われてしまいますので、気を付ける必要があります。

3:「すぐに返事して」

どうしても好きな人と繋がっていたいから、と出てしまう重い一言です。学生であっても社会人であっても、多くの人はいつもいつもすぐに連絡ができる状態ではありません。

特に仕事中であれば、優先順位がわかっていない彼女、重い彼女と思われてしまいます。相手の状態を考えられる彼女になりましょう。

4:「私のこと好き?」

好かれているか不安で言ってしまいがちな重い一言です。男性の中には、一緒にいるということは好きだということなんだから、わざわざ口に出さなくてもわかるだろうと考えている人も多くいます。

彼女も自身の彼のタイプによっては理解も必要です。男性も、彼女を不安にさせないように行動や言葉にも表してあげるなど、お互いに努力が必要です。

重い彼女が気をつけること

「重い」彼女と別れる方法7つ/重いと感じた彼女の一言・注意点

いつも重いと言われてしまう彼女もいるのではないでしょうか。好きだからつい言ってしまっているだけなのに、と感じていることでしょう。どのようにすれば、相思相愛でいられるのでしょうか。今回は重いと言われてしまう彼女が気を付けることをご紹介いたします。

1:自分の気持ちを押し付けない

彼氏に好きだと言ってほしい、彼女である自分のことを最優先してほしいという気持ちも多くあることでしょう。

自分がこれだけ好きなのだから、彼にも同じくらいに好きな気持ちを表現してほしいという気持ちもあるのでしょうが、人それぞれ好きという気持ちの表現の仕方も、それぞれの事柄の優先順位やかける割合も違っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました